Spread the love

5月15日に放送された『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』(テレビ東京、毎週月曜28:00~)に、SKE48に年間120万円使う31歳男性が登場した。

この番組は、同局にて毎週水曜21時から放送中の『家、ついて行ってイイですか?』の傑作選。終電を逃した人にタクシー代を払うので「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし、家について行く“完全素人ガチバラティ”だ。

この回で、スタッフが鶯谷駅でインタビューを行っていたところ、コンビニの前で寝ている男性を発見。家がすぐそこだと言うので、タクシー代ではなく「コンビニにあるもの何でも買いますんでついて行ってイイですか?」とお願いすると、男性は快く承諾。男性の名前は、前本浩史さん。広島出身で、就職と同時に上京し、通信建設業で働いているという。そんな前本さんの1Kで家賃9万円だという家に到着し、靴箱の中を見せてもらうと、SKE48のCDを大量に発見。同じ曲を複数枚購入し、布教のために会社の同僚に配っているという。AKBグループは6年ほど前から好で、推しているメンバーは松井珠理奈だそう。

AKB48選抜総選挙のために貯金しているという前本さん。貯めたお金は松井を1位にするために使うと話し、総選挙の投票権がついたCDを300枚注文。「アイドルの語源って“偶像”なので、スキャンダルを売りにしている指原(莉乃)さんには負けてほしくない」と熱弁。さらに、「彼氏がいたとしても、バレなければ良い。アイドルという偶像を持っている間は、何も私生活を見せずにアイドルアイドルしていて欲しい。そういう人が好きです」と語った。

スタッフが「どれぐらいの額を松井さんに(使った)?」と聞くと、前本さんは「月2~30万円の給料の内、10万円。年間120万円」と答え、「仕事が辛くて、くじける事もあるんですけど、珠理奈も頑張っているので、頑張ろうと思いますね」と、松井が生きがいになっていると告白。しかし、続けて「複雑ですよね。もし1位になっちゃったら、燃え尽きちゃうかもしれない。1位獲っちゃって“この年で辞めます”って言われたら、何もなくなっちゃう。2位とかで“来年も頑張ります”って言われたら、“じゃあ俺も頑張ろう!”って思いますね。働く、生きていく原動力なので、珠理奈依存」と、最後まで愛をアピールしていた。