Spread the love

ドラマ「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」に出演した女優の野際陽子さんが13日に死去したことが15日、分かった。81歳だった。死因は肺腺がん。15日に親族のみで葬儀を済ませた。

野際さんが息をひきとったのは13日午前8時5分。東京都内の病院だった。娘で女優の真瀬樹里や親族、スタッフらに見守られて旅だった。葬儀は密葬で終え、本人の意向で「お別れの会」などは行わないという。

野際さんはドラマ「花嫁のれん」に出演中の2014年に早期の肺がんをわずらったが、再発を乗り越えて仕事に復帰。テレビ朝日系「やすらぎの郷」に出演していたが、5月末に体調を崩し、入院していた。

野際さんは立教大学を卒業後、NHKアナウンサーとして活躍。フリーを経て、女優に転身。TBS系「キイハンター」などで人気を集めた。同番組で共演した俳優・千葉真一(78)と1973年に結婚し、94年に離婚。その後は92年のTBS系「ずっとあなたが好きだった」で姑役などで話題を呼んだ。

2月2日に放送されたテレビ朝日系「徹子の部屋」にゲスト出演した際は、旧知の仲という女優・黒柳徹子(83)との会話が弾んだ。野際さんは当時57歳だった93年のTBS系ドラマ「誰にも言えない」で俳優・佐野史郎とのキスシーンを最後に、男性と唇を重ねていないことを告白。「本当に、最後ですね、あれが。哀れでしょう?」などとおどけ、2人で笑い合った。

 

アラフォー世代には、ずっとあなたが好きだったのマザコン冬彦(佐野史郎)のママ役が、印象深いのではないでしょうか?

哀悼の誠を捧げます。