Spread the love

パパの時給はいくら?
息子:パパ、ひとつ訊いていい?

パパ:なんだい?

息子:パパの時給はいくら?

パパ:ほっといてくれ!どうしてだい?

息子:なんてもいいから教えてよ。パパの時給はいくら?

パパ:そんなに言うなら…う~ん、時給100ドルくらいかな。

息子:えっ!(うつむきながら)パパ50ドル貸してくれない?

パパ:くだらないオモチャを買うために?
   いますぐベッドに入って反省してなさい!
   パパはそんなことの為に働いているんじゃないんだ。

男の子は静かに自分の部屋に戻りドアを閉めました。

ぶしつけな質問にカッとなったパパも、
しばらくして少し冷静さを取り戻しました。

お金を借りたいなんて、あの子らしくない態度だったな。
彼は息子の部屋の前に行きドアを開けました。

パパ:起きてるかい?

息子:…うん。

パパ:さっきはきつくあたってすまない。ほら、ここに50ドルあるよ。

男の子は笑顔で立ち上がりました。

息子:ありがとうパパ!

そしておもむろに枕の下からお札の束を取り出し数え始めました。
男の子はもういくらかお金を持っていたのです。
パパはまたしてもカンカンです。

パパ:どうしてお金を持ってるのに貸してだなんて言ったんだ!?

息子:だって足りなかったから…。でももう大丈夫!
   パパ、ここに100ドルあるよ。パパの1時間分。
   だから明日は1時間早く帰ってきて、夕ごはん一緒に食べようよ!

パパは打ちひしがれました。
男の子を力いっぱい抱きしめ、許しを請いました。

ただがむしゃらに働き続けているあなたへ。

時間は私たちの指の隙間からこぼれ落ちていきます。
愛する人との時間は100ドルで買えますか?

もし明日死んでしまうとしたら、会社には我々の代わりになる人がいます。
でも家族や友人は、残りの人生を喪失感と共に生きることになるでしょう。
そのことを思えば、もっと家族との時間を大事にできるかもしれませんね。