Spread the love

食の安全の確保の為にも、築地で良いような気もしますよね…巨大な廃墟を生み出すのも問題ですが…

2017/07/21 に公開

市場の移転問題を巡って東京都庁で幹部会議が開かれ、移転時期を2018年の春から秋とする方針が明らかになりました。今後、市場関係者らと詳細を調整することにしています。

会議では豊洲市場の追加の汚染対策工事におよそ6カ月かかることなどから、移転時期を2018年の春から秋として、今後、具体的なスケジュールを市場関係者と調整する方針が確認されました。東京都の小池知事は「最優先すべきは豊洲市場への円滑な移転だが、そこに関わっている人の不安や思いをしっかり受け止めながら進めてほしい」と話しました。

また、豊洲市場の土壌汚染を環境基準以下にする「無害化」が達成できていないとして、「無害化」に代わる新たな方針を示しました。新たな方針では、対策工事を着実に実施して地上の安全を確保し、地下水の管理システムで中長期的に水質の改善を図ることなどで、都民や市場関係者の安心につなげるとしています。

小池知事は定例会見でも「新たな方針に基づいてさまざまな対策を一つ一つ進めて、都民の理解を得ていきたい。都議会も新しい構成になったが、都議会の皆さんにも理解を求めていきたい」と述べ、この方針で都民や都議会の理解を得たいと強調しました。

築地市場に関しては、跡地に建設される環状2号線の整備を東京オリンピック開催前の2020年3月までに完了させるとして、移転後に速やかに解体することを確認しました。