Spread the love

携帯が無かったあの時代、
3分300円超の長距離電話、
想いだけを伝えるポケットベル
すれ違う2人の想いと・・・色々と25年の間にはありました。ね?

25周年ムービー「いつか、あたりまえになることを。」

Mr.Children&docomoのそれぞれの25周年をテーマとした”25周年ムービー”。 「たったひとつの歌や、たった一本の電話で、人生は大きく変わるらしい。」 ▼詳しくはこちらから https://www.nttdocomo.co.jp/special_c… 【CM概要】 舞台は、25年前の夏。1992年、当時17歳だった主人公の父(高橋一生)と母(黒木 華)との出会いから、 2017年、主人公(清原果耶)が17歳になるまでの四半世紀の物語です。 父の高校生時代は、高杉真宙が演じています。 当時使われていたポケベルや携帯電話が数多く登場。 また、流行していたファッション・メイクはもちろん、携帯ストラップや部屋に置かれた アナログテレビ、コンポ、雑誌など、細部に至るまで「時代の空気」を忠実に再現しています。 また、これまでの25年間を彩るMr.Childrenのヒット曲の中から、1992年リリースのMr.Childrenデビュー シングル「君がいた夏」をはじめ、「innocent world」「花-Mement-Mori-」「365日」を使用している他、 エンディングではあえて、まだ歌詞のついていない“デモ音源”(未発表/タイトル未定)を使用しています。 ドコモが、まだ未完成曲の、しかもデモ音源をあえて使用したのには、 この25周年で何かが完成するわけではなく、未来に向かって勇気を持って進化し続けていきたい。 というメッセージが込められています。  その想いにMr.Childrenも共感し、今回の楽曲提供に協力しました。 ドコモのその想いは、企業スローガンである「いつか、あたりまえになることを。」ともつながるものです。 【音楽】 Mr.Children:君がいた夏/innocent world/花-Mement-Mori-/365日/デモ音源(未発表/タイトル未定) 【出演者】 高橋一生、黒木 華、清原果耶、高杉真宙